起業ってどんなの?

起業ってどんなの?

にかほで起業…

首都圏等で当たり前のようにあるビジネスでも、にかほには無いものがたくさんあります。にかほの魅力や特色、観光や特産品等の地域資源を活用したビジネスを考えて見ませんか?ニーズを捕えればビジネスチャンスです!

起業について

1.起業の現状

現実問題として、「起業はそんなに甘くない!?」です。起業後1年目で約25%、そのうちの約25%が2年目で、さらに残った人の約25%が3年目で廃業すると言われています。4年目以降は、比較的安定して事業を継続される方が多いようです。

2.起業のステップ

起業までは、さまざまなステップを踏んでいく必要があります。大きく分けて6つ、どのステップも重要です。どこかで手を抜けば、そのまま起業の失敗につながる可能性があります。

  • 1.起業の準備をする(起業の1年~半年前)

    どの分野で起業するのかを決めましょう。あなたがこれからの人生を何に使うのかを考える、とても大事な時間です。

  • 2.事業計画を立てる(起業の半年~3ヶ月前)

    誰に、何を、どのように売るかの事業コンセプトを決めます。コンセプトが決まったら、簡単なニーズ調査や分析を行います。現在勤務されている方は、退職の手続きや引継ぎなども考える必要が出てきます。

  • 3.資金計画を立てる(起業の3ヶ月~2ヶ月前)

    どのくらいお金がかかるのか、どのように資金を調達するのか資金計画を立てます。融資・助成金・補助金など、さまざま可能性を探ることになります。

  • 4.計画を具体化する(起業の2ヶ月~起業直前)

    計画を具体化する作業(組織形態の検討、本拠地となる物件探し、集客方法の検討など)を行い、事業計画書を完成させます。会社員の方は、退職の手続きなどを行います。

  • 5.起業する

    会社を設立する場合は登記を、個人の方は税務署へ開業届を提出します。

  • 6.事業のスタートに備える(起業後1ヶ月~3ヶ月)

    役所への届出、口座開設、融資の申込み、従業員の採用、集客の開始など本格的な準備を行います。

あなたは今どこのステップですか?まだ、何をしたいのかなど漠然とされている方もいらっしゃるでしょう。にかほ市では、起業・創業やキャリアに関する専門家と連携しております。あなたのお悩みに丁寧にお答えできる体制を整えていますので、ぜひご活用ください。

起業創業相談支援事業(移住者向け)

起業とは何か?自分のやりたいと考えていることはビジネスになるのか?起業するためにはこれからどうしたらいいのか?など、起業を漠然と考えている方に、市が委託している起業創業支援専門家(JBIA認定インキュベーション・マネージャー)が耳を傾け、起業創業に関する疑問や悩みにお答えします。相談無料。

【利用の流れ】
商工政策課に連絡 → 日程調整 → 個別相談実施

にかほ市役所 商工観光部 商工政策課
〒018-0192 秋田県にかほ市象潟町字浜ノ田1
にかほ市役所象潟庁舎
電話:0184-43-7600 Fax:0184-43-3239

お問い合わせはこちら